So-net無料ブログ作成

日本、大逆転で韓国を破り、AFC U23選手権(リオ五輪最終予選)を制す! [日本代表]

前半に入れられた2点を跳ね返し、後半に怒涛の3点。
眠気も覚める逆転劇。
まさに、「ドーハの感激」
無敗の韓国を破った手倉森采配とそれに応えた選手たちに拍手を送ります。

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカー本大賞2015を受賞した「サポーターをめぐる冒険」を読んで  その3 [Jリーグ]

 ドーハの悲劇から23年。日本の若い世代が、「ドーハの歓喜」に変えた。
 
ドーハの悲劇と同じイラク相手に、同じドーハで、後半ロスタイムに勝ち越し弾。
 
リオ五輪出場を決めた。
 
そして、今日、韓国と優勝を争う。

 さて、前回の続き、
 「人はいつサポーターになるのか」
 「何年、チームを追い続けていたら、サポーターと名乗ることができるのか。」
 「ホームスタジアムで全試合観戦することか、あるいはアウェーにも応援することか・・・」

 
 東京生まれ、東京育ちの作者の中村氏は、初めてFC東京の試合を見た時か、太田宏介のFKを見た時か、ルーカスの怪我を知った時か、サンタ帽子をかぶって応援し続けた時か・・・
 いつの間にか
FC東京のサポーターとなっていたと書いている。
 
FC東京の試合を初めて見て89日間の間に。

 さて、自分のことを振り返ってみると、2005年に長崎にJリーグを目指すチームが作るということで、チーム名の一般公募があり、応募した名前が「ラテスカ長崎」。
 これが、その時から続けているこのブログ名「ラテスカ長崎2005」の由来。
 
公募の結果、チーム名は「V・ファーレン長崎」となった。

 では、いつ、V・ファーレン長崎のサポーターになったのか。一言にサポーターといっても、様々な形があっていいと思う。
 
期間が短くても、毎試合観戦しなくても、アウェーに行かなくても、また、ゴール裏で応援しなくても、自分がそのチームを応援、支援していこうと決めた時が、サポーターになった時だと私は思う。

 そう考えると、2006123日(日)、地域リーグ決勝大会決勝ラウンド3日目、FC岐阜戦の応援のため、大分スポーツ公園サッカーラグビー場に行った時がサポーターになった時なのかなと思う。
 
県外にV・ファーレン長崎の応援に行ったのは初めてだった。
 その行こうと思った時点、いや、
FC岐阜に敗れて、悔しさで涙する選手たちを見た時点、このチームを自分なりの形で応援し続けていこうと思ったと思う。
 
それから、もう10年目。

 なんらかのきっかけで、サッカー、JリーグそしてV・ファーレン長崎のサポーターになってくれる人が増えてくれればと思う。


サポーターをめぐる冒険 Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった

サポーターをめぐる冒険 Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった

  • 作者: 中村 慎太郎
  • 出版社/メーカー: ころから
  • 発売日: 2014/06/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

長崎は大雪!! [長崎のこと]

今朝、長崎は大雪です。

家の前は15cm~20cm積もっています。

玄関先、折角、雪掻きをしたのですが、ドンドン降ってきて、また、積もっています。

DSC_0017.JPG

DSC_0015.JPG


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

サッカー本大賞2015を受賞した「サポーターをめぐる冒険」を読んで  その2 [Jリーグ]

 振り返ってみると、23年前。1993年。

 サッカーにとって大きな出来事があり、私はサッカーが好きになった。

 それは、Jリーグの開幕とドーハの悲劇。

 それまで、スキーとバレーボールにはまっていた自分だが、Jリーグブームに乗って、長崎を準ホームにした横浜フリューゲルス、エドゥー、モネール、前園、山口素弘、反町、原田、三浦淳宏らがいたフリューゲルスのファンとなった。

 15,000人近くの観客が入った、かつての長崎県立総合運動公園陸上競技場は、旗が振られ、チアホーンが鳴り響き、魅惑的だった。

 「サポーターをめぐる冒険」の作者が初めてJリーグの試合を見た時と同じように。

 その時からJリーグが好きになった。

 それでは、「人はいつサポーターになるのか」

サポーターをめぐる冒険 Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった

サポーターをめぐる冒険 Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった

  • 作者: 中村 慎太郎
  • 出版社/メーカー: ころから
  • 発売日: 2014/06/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカー本大賞2015を受賞した「サポーターをめぐる冒険」を読んで  その1 [Jリーグ]

 「Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった」という第1節から始まるこの本。中村慎太郎氏の著書「サポーターをめぐる冒険」を年末に購入し、読んでみた。

 知り合いからFC東京対鹿島アントラーズの余ったチケットをもらい、初めて、Jリーグの試合を見たことから、Jリーグが好きになり、全国のサポーターに会い、自らもサポーターとなっていく話。 

 
Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった」人っては、結構いるんじゃないかなと思う。
 現に今、一緒にV・ファーレン長崎を応援している仲間の一人は、諫早のスタジアムの近くに住んでいて、V・ファーレン長崎がJ2に昇格した年、スタジアムから聞こえてくる歓声や応援の音や声が気になり、試合を見に来たことから、スタジアムの雰囲気が好きになり、毎試合見ることになった。また、その彼に連れて来られたもう一人の仲間もそれがきっかけとなり、V・ファーレン長崎が好きになり、今では、アウェーにも時々行くようになっている。

 「人はいつサポーターになるのか?初めて観戦したときか。 ・・・・ 憧れの選手に出会ったときなのか。」

 
サポーターになるきっかけは、人それぞれだと思う。


サポーターをめぐる冒険 Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった

サポーターをめぐる冒険 Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった

  • 作者: 中村 慎太郎
  • 出版社/メーカー: ころから
  • 発売日: 2014/06/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2015 J2リーグ プレーオフ、入れ替え戦、V・ファーレン長崎 [V・ファーレン長崎]

今シーズンのJリーグも、J1昇格プレーオフ決勝とJ2-J3入替戦2ndLegで終了しました。

プレーオフ決勝は、アビスパ福岡が終了間際に同点1-1に追いつき、J1昇格決定。
また、入れ替え戦、大分トリニータは、町田に0-1と敗れ、J3降格決定。
結局、今年、九州内で、私がアウェーに行かなかった2チームが、J2からいなくなってしまいました。
アピスパ福岡はJ1で頑張ってもらいたいし、大分トリニータは1年での復帰を祈ります。
九州だJ.jpg

今シーズンのV・ファーレン長崎を振り返ると、戦績は、15勝12敗15分の勝点60得点42失点33。

うち、ホーム戦績は8勝5敗8分、勝点32得点20失点13
アウェイ戦績は7勝7敗7分、勝点28得点22失点20

ホームでの負け、失点は少なく、ホームアドバンテージはあったという結果。

来シーズンは、ホームでの勝利をもっともっと増やしてもらいたいです。
そのためには、ファン、サポーターも観客動員含め、サポートしていく必要があるし、自分も応援していきたいと思います。VVN日程表.jpg


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

V・ファーレン長崎、プレーオフ進出決定 [V・ファーレン長崎]

2015 J2 第42節 ギラヴァンツ北九州vsV・ファーレン長崎

V・ファーレン長崎、アウェイ北九州戦で1-2で敗れるも、東京ヴェルディ、ジェフユナイテッド千葉ともに0-2で敗れたため、6位となり、プレーオフ進出決定。

後半途中からは、チラチラとJリーグオンデマンドで他会場の途中経過を見ながら応援。
もちろん、応援はしっかり声出してましたよ。

試合終了直後、小さくガッツポーズでした。

プレーオフ準決勝の相手は、同じく九州のアビスパ福岡。
自動昇格は惜しくも逃したが、連勝中のアビスパ。

今季、V・ファーレン長崎とアビスパ福岡は、ホーム、アウェイとも0-0のドロー。

プレーオフでは、V・ファーレン長崎は勝つしかありません。
2連勝でJ1へ行きましょう。

Sギラヴァンツ戦.jpg


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ギラヴァンツ北九州対V・ファーレン長崎戦 2015 J2 最終戦 [V・ファーレン長崎]

ギラヴァンツ北九州対V・ファーレン長崎戦 2015 J2 最終戦

2015シーズン J2のプレーオフ進出枠は、残り一つ。

その1枠を現在6位のV・ファーレン長崎、7位の東京ヴェルディ、8位のジェフユナイテッド千葉が争う形。

V・ファーレン長崎の今季最終戦の相手は、アウェイでのギラヴァンツ北九州。

V・ファーレン長崎が九州リーグ時代から(当時はニューウェーブ北九州)、ここ一番という時に争ってきた相手。

平成27年11月23日は、V・ファーレン長崎にとって、運命が変わる日となることを信じている。

アウェー席(V・ファーレン長崎側)は既に完売とのことだ。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

俺が楽しいのは、俺の頭ん中よりスゲーことが起こった時だよ [V・ファーレン長崎]

2015 V・ファーレン長崎ホーム最終戦、対セレッソ大阪戦

2015.11.14(土)
 地震で目覚めたこの日、波乱の予感。
 雨の県総、長崎は今日も雨なのか!?


今シーズン、雨が多かったV・ファーレン長崎のホーム戦、この日も雨だった。
8000人を超えるファン、サポーターが集まったセレッソ戦。

結果は予想を超える快勝。
佐藤洸一選手と梶川諒太選手の得点で2-0と快勝。
プレーオフ圏内の6位へ浮上。

『俺が楽しいのは、俺の頭ん中よりスゲーことが起こった時だよ。』
       ~ジャイキリ2巻の達海監督のセリフ~

予想を超える結果で今季ホーム最終戦を終えることができ、良い雰囲気の中でセレモニーも行われた。
この日そこにいた皆は酔いしれた。
私は仲間との打ち上げで、さらに酔いしれたが・・・


しかし、アウェイ北九州での最終戦に向けて、気を緩めてはいけない。
まだ、何も決まった訳ではないのだから・・・

J1まで、あと3歩。
近くて遠い道のりがある。

cerezo01.jpg

cerezo02.jpg

cerezo03.jpg

cerezo04.jpg

cerezo05.jpg

cerezo06.jpg

cerezo07.jpg

cerezo08.jpg

cerezo09.jpg

GIANT KILLING(2) (モーニング KC)

GIANT KILLING(2) (モーニング KC)

  • 作者: ツジトモ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/07/23
  • メディア: コミック


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

応援されて、嬉しくない人間なんていない [V・ファーレン長崎]

『応援されて、嬉しくない人間なんていないだろう』
            ジャイキリ25巻 ETUサポーターのセリフ

一番キツいのは選手たち。
その選手たちの背中を押すために
スタジアム(県総)で応援しましょう。

V・ファーレン長崎の今季ホーム最終戦
V・ファーレン長崎×セレッソ大阪はもう明日です。

DSC_0032.JPG

DSCN0658.JPG

GIANT KILLING(25) (モーニング KC)

GIANT KILLING(25) (モーニング KC)

  • 作者: ツジトモ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/10/23
  • メディア: コミック


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ